1分で分かるレニアス

CULTURE

Culture 01

1976年創業

1976年 広島県尾道市に於いて、西日本ガスケット株式会社を設立。田植機、コンバインなど農業機械用ガスケットの生産を開始。
1988年 CFRP・ポリカーボネート加工工場として株式会社ヰセキカーボテクノを設立。
1989年 建設機械業界の好況を背景にキャビン用窓枠(SASH)の社内生産を開始。
1991年 社名を株式会社レニアスへ変更。
2005年 シルク印刷、熱成形、シリコーンコーティング、トリミング加工までの一貫生産体制を整備。
2015年 栃木県小山市に路線バス用窓枠の生産拠点として小山工場を開設。
2017年 米国イリノイ州に営業拠点となるRENIAS AMERICA, INC.を設立。       現在に至る

Culture 02

小さな一流企業をめざす

企業の規模に関係なく既成概念やカタチにとらわれない本当に優れた製品を世に送り出す事を目的とした集団、それがレニアスです。

品質
一流

量の拡大よりも
質の充実を図る

技術
一流

オリジナルな強みを持ち
それを発揮できる

人物
一流

意識・創造性・力量に於いて
一人ひとりのレベルが
一流である

Culture 03

不可能を可能にするモノ作り

私たちの製品開発は常に不可能を可能に、という観点から始まります。例えば、「強度」と「軽量化」。この二つの相反する問題に私たちは真正面から取り組んでまいりました。ポリカーボネート樹脂やアルミといった従来からある素材に独自の技術を投入し、今までの常識をくつがえす製品を開発してゆく…。 それをいかにお客様のニーズに応えるかたちに商品化してゆくか…。その試みが既成の商品のみならず新しい分野を切り開く原動力にもなっています。

自動車

[ 自動車 ]

建設機械

[ 建設機械 ]

特殊車輌

[ 特殊車輌 ]

Culture 04

ポリカーボネート樹脂並びにアルミサッシュ加工製品国内トップシェアの分野が多数

ポリカーボネート樹脂加工一貫生産システムやアルミの加工技術を武器に、建設機械のルーフやサッシュ、ゴルフカートのフロントウィンドウなどで国内シェアNo.1を誇ります。また軽くて透明で強度のあるポリカーボネート樹脂製品は鉄道、EV、工作機械などへ参入分野を広げ、警備盾等のセキュリティ商品は多くのメディアでも取り上げられています。

Culture 05

ガラスの安全規格を樹脂にて実現

先進国を中心とした安全規格の取得を進めながら、更なる環境規制の厳格化への対応を見据えて、モノづくりのグルーバル化に努めております。

E13
JIS
ISO

Culture 06

唯一無二のぶっちぎり企業への挑戦

当社は創業以来「小さな一流企業をめざす」を経営理念に掲げ、規模の拡大を追求する事よりも「品質」「技術」「人物」が一流でステークホルダーに対して一流のサービス、一流の待遇ができる企業体をめざしています。
整理・整頓・清掃・清潔・躾・信念・執念・使命感・SPEED・SIMPLEを行動規範に掲げる「10S活動」や、製造現場の作業員に至るまで顧客目線で活動する事を常に意識する「全員営業」を実践して、市場でのプレゼンスをより一層高め、我々は「唯一無二のぶっちぎり企業」に向けて今後も飽く無き挑戦を続けます。

PAGE TOP